<   2010年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

またまた感動

a0132369_19545834.jpg


この日も美術館へ行き、昨日買ったDVDが空だったので新しいのと取り替えてもらう。
てか、確認してよかった~~。このまま日本に帰ってたりしたらかなりショック。

またエミリーの絵の前でゆっくりし(椅子がある^^)、
昨日見つけなかったフロアも見てまわる。
すると衝撃的な作品を発見。ファンになってしまい、早速その人の本を探して購入。
本を日本に送っちゃったので名前を忘れてしまった(笑)
しかし大収穫。ひとつの作品に感動。いいものみた。

宿に戻ってからDVDを見る。
わ~~~~~~~~~~!!!!!鳴子出身の知ってる人が出てる!と
一人で大感動^^

それにしても、美術館の売店や、可愛い雑貨やさんには創作こけしのキャラクターの置物なんかが絶対ある。日本人形風のこけしとマトリョーシカってかんじに。これは、鳴子のこけしを流行らせたい。こけし世界ブームなんていいな・・。
ブーム起こせないかなー。世界で起きれば日本ではきっと早い!

石巻のホヤ食べたいなぁ
a0132369_19545328.jpg

[PR]
by yuri-miyamoto | 2010-05-25 19:54 | □ diary

おまけ

a0132369_19461024.jpg

a0132369_1946720.jpg

a0132369_1946136.jpg


コカトゥー。

実は頭のてっぺんのイカした羽は
開くんだよねっ!

これフルじゃないけど、もっともっと開くのよ
そうすると、またイカした頭になるのよね
元祖ビジュアル系みたいな。

美輪さんもビックリな綺麗な黄色。
よく見るとほっぺもほのかに黄色
[PR]
by yuri-miyamoto | 2010-05-24 19:45 | □ diary

オーストラリアNSW州立アートギャラリーとオペラハウスとこけしとボタニックガーデン

a0132369_1923263.jpg

NSW美術館、なんだか神殿のような入り口。
a0132369_1923034.jpg


ここでもシドニーオブビエンナーレの作品がたくさんあった。(写真は別のもの。他のは撮影禁止マークが付いてたので。)

ん~!やっぱり、ビエンナーレーの作品は、数人いる日本人の作品が好きだな~。
そして、ついに見たかった絵が見れた!アボリジニのアーティスト、エミリー・ウングワレーの作品。
感動!作品の前で立ち尽くす。もっと彼女の作品がここにあるらしいのだけど1つしかない。
聞くと、他の展示があるから今は1つしか出していないそう・・・。そっか~~~~~~~。
みたかったなぁ~。きっとビエンナーレの展示で調節しなくちゃいけなかったんだろうな。

売店にて、エミリーの画集ゲット。そしてDVDもゲット!が、しかし、このあと、宿に戻って開けたら中が空っぽで、
次の日また美術館に行きました。
NSW美術館はかなり広くて、作品数も多くて、カフェもあり、私は1日いれます。
なかなか良い雰囲気。他にも展示部屋があるのを分からなくてこの日は全部見れなかった





a0132369_19231188.jpg

a0132369_19225676.jpg

a0132369_19224839.jpg

a0132369_19224536.jpg

写真はボタニックガーデンにて。シドニーで一番癒されるところ。
大きな木がたくさんある。
この白いオウム、ずっと芝生を引っこ抜いてる。なんだろ?土を食べてるの?
草を食べてるの???よく見ると、いたるところで同じオウムが同じことやってる・・・。
近づいても逃げないからカメラを向ける^^笑ってるみたいね。
あたまのてっぺんのがナウいね。

a0132369_19222989.jpg

a0132369_19222757.jpg




a0132369_19223797.jpg

a0132369_19223433.jpg

a0132369_19222223.jpg

a0132369_19221638.jpg

a0132369_1922629.jpg


オペラハウス。オペラハウスって、ヨットの帆のイメージらしいけど、
近くに行って、違う角度で見ると貝みたいね。
ここにもビエンナーレの作品が。
緑色のは、なんとザル。ザルで迷路風になってる・・・。
ちょっと私も作ってみたいな・・。
[PR]
by yuri-miyamoto | 2010-05-24 19:20 | □ diary

シドニーオブビエンナーレ。アートのお祭りだよ

a0132369_1857491.jpg

a0132369_18575175.jpg

シドニーオブビエンナーレの特別フリーフェリーを使い、コッカトゥーアイランドへ!!
ただでフェリーに乗れて、船からオペラハウスも見れるし
ハーバーブリッヂをくぐるし、なんだかお得な気分。

コッカトゥーアイランドは名前から想像できない、発電所跡、造船所跡、監獄跡、という島。
でかい作品と映像作品はだいたいここにある。
なかなか見ごたえがあって面白い。
でも、私は夕方最終のフェリーで行ったので、もっとゆっくり見たかったのと、
暗くなると最後の方は人もいなくて怖い!(笑)
是非日中に行きたいものだ。8月1日までやってるよ。
日本でもこんな大掛かりなイベント、どこかでやって欲しいなぁ

車を吊るしてってのはすごいね。

a0132369_1858099.jpg

a0132369_1858631.jpg

a0132369_1858926.jpg

a0132369_18581638.jpg

a0132369_18581994.jpg

a0132369_18582237.jpg

a0132369_18582389.jpg

a0132369_18583132.jpg

a0132369_1858333.jpg

a0132369_18584079.jpg

a0132369_18584353.jpg

a0132369_18584890.jpg

a0132369_18585675.jpg


暗くて写真がなかなかうまくとれなかったけど
日本人の作品がやっぱり好きだ。面白かった・・・・・。
映像作品はどれもなかなかシュール。
ピアノが浮いてて自動演奏するのは大音量ですごい存在感があった。
突然なるので驚く。写真以外にもたくさんの作品があって、見ごたえアリ。
見る時間、1時間では少なかった。2時間ほしいところ。

フェリーでベトナム人の男の子にベトナム語で話しかけられる。
私がきょとんとしていると、あれ?という顔でウェアユーフロム?
「ジャパン!」
ベトナム人ってシドニーにそんなにいるんだろうか・・・・(笑)
でもいろんな国の人がいるよね
[PR]
by yuri-miyamoto | 2010-05-23 18:56 | □ diary

ロックス

a0132369_18355254.jpg

a0132369_18353974.jpg

a0132369_18353654.jpg

a0132369_18353437.jpg

a0132369_18344820.jpg

a0132369_18385513.jpg

a0132369_18385157.jpg

a0132369_18384781.jpg

a0132369_18383840.jpg




シドニーでもまた雰囲気の違うところ、ロックスへ行き、マーケットにギャラリー巡り。
なかなか素敵な場所。賑やかな街なかよりも、このへんが好きだ。

路地裏にマリオネットのお店なんかもあったりしてワクワク^^

おしゃれなロックスマーケットを見て、ケンドーンギャラリー、アボリジニギャラリーに寄り、
コンテンポラリーアートギャラリーへ。
今はシドニービエンナーレっていう2年に1度のビッグなアートイベントがやっていて、
世界の芸術家たちの作品が見れる。
なかなか面白かった。人がいっぱいでごちゃごちゃしていたからゆっくり見れなかったけど。

そしてなぜかギャラリーのイベント会場で、コミケみたいなのがやってた(笑)
日本の同人誌即売会とは違って、もっと、簡単な感じの、コピー機でコピーしてホチキスでとめましたって
感じのがほとんどで、でも、それは年に1度のイベントだったらしく、ものすごく若者でごった返していた。
日本人の女の子が作った消しゴムハンコが一番光っていた。

(※1ヶ月前の日記をメルボルンにて書き込み。)
[PR]
by yuri-miyamoto | 2010-05-23 18:33 | □ diary

ダ・ビンチ展

a0132369_18191711.jpg

a0132369_18192792.jpg

a0132369_18194153.jpg


1ヶ月前の日記UPです。
シドニーのタウンホールにて、
ダ・ビンチ展見てきました。

レプリカばかりで物足りなかったものの、、、まぁまぁ楽しみました。
フランスへ行って本物見たいなぁ~。

グロテスクなもの多くてドキドキした~~~~。
女性のお腹を切って内蔵が丸見えのリアルな模型とか、ぞっとしたけど、こうなっているのかとじっくり見ました

見入ったのはお腹の中の赤ちゃんの模型。模型と言ってもものすごくリアル。
こんなふうに入っているのかと・・・・。当たり前なのだけど、人の中に人が入ってるっっていうのは
普段中が見えないから、不思議でたまらない。
[PR]
by yuri-miyamoto | 2010-05-22 18:17 | □ diary

旅】リズモーからシドニーへ【旅

a0132369_1461879.jpg


実はリズモーには飛行場があって、そこからダイレクトにシドニーへ!
これから帰国までの2ヶ月は旅行します!(帰国は7月20日成田着です。)

ちっちゃいプロペラの飛行機に乗り、実は、一人で飛行機に乗ったのは生まれて初めてです。
つい森の生活に慣れたと思ったら、いっきに都会へGOです。

飛行機からの眺めが面白くてずっと外を見ていました


a0132369_14114986.jpg
a0132369_14121930.jpg
a0132369_14124940.jpg


シドニーに着いて、予約していた宿へ電話。フリーでピックアップしてくれると書いてあったので・・。
電話したけど英語話さなくちゃいけない。私が言ってることは通じたみたいだけど、
向こうがなんと言っているのかわからない(笑)
理解するのに(私が)時間がいるので、なかなか伝わらず。

で、タクシー代を半分払うから、タクシーで来なさいとのこと。
で、素直にタクシーで宿まで向かった。

タクシーの運転手さんが面白いインド人のおじさんで、いきなり口説いてくる。
なんてことだ。面白すぎ。真面目に仕事して下さい。
絵描きだと言ったら絵を見せて欲しいとのこと。
デジカメで撮った絵の写真を見せたら、
気に入った!いつか買いたいと言ってくれた。

すごく嬉しかったけど、
いつか買うから、携帯電話の番号を教えてくれと言われる(笑)

ははは。

宿についたら、宿の人がタクシー代を3分の2払ってくれた。
ものすごく安宿なのに、優しく対応してくれる。1日だけインターネットも無料で使えるとのこと。
悪くない。

支度をして街をふらふら。
ふらふら歩いていたら、アジア人ばっかり。
てか中国人ばっかり。

気がついたらチャイナタウンを歩いていた。


チャイナタウンを通り過ぎ、ダーリングハーバーまで歩いた。
なんだかいい音楽が聞こえてきて、
音に誘われ行ってみると、シドニージャズフェスティバルがちょうどやっている。
この日は前夜祭みたいな感じで、
海に浮かぶステージにてレゲエミュージシャンがノリノリで歌ってる
雨も降ってきたけど、超きもちよかった。
雨のなか踊りだすおばさん、おじさん、若者たち。
楽しかった。
[PR]
by yuri-miyamoto | 2010-05-21 14:03 | □ diary

ナナオ サカキ



岩の祈り

誇り高い 砂漠の民へ



永いあいだ
4万年の永いあいだ
あなたを 待っていたの

4万年たって
やっと 会いに来てくれたわね

世界一でっかい岩
オーストラリア大陸の石の門

このごろ 私をそう呼んでるけど
ちがうの
ほんとは 私 岩でも 洞窟でもないわ

私の肌 よく見て さわって
磨きに磨かれた
黒い ダイヤモンド
黒い 銀河

私は 私の肌は
あなたの指で
あなたのまなざしで
あなたの歌で
4万年の間
磨きに 磨かれてきたの

私の肌 よく見て さわって
光 あふれ
力 あふれ
愛にあふれ
あたたかく
頼もしく

やさしく 指で撫でて
昨日のおじいさんそっくりに

そっと 口づけて
昨日のおかあさんそっくりに

しずかに 私の上で眠って
四万年前のあなたそっくりに

オーストラリア
永遠の夢の大地
私 いま 偉大なオーストラリアの国宝なの

淑女ならびに紳士の皆さま
ようこそ 夢の大地へ
ようこそ 魔法の岩へ

いらっしゃい 冷暖房完備のオーストラリア
ごゆっくり 冷暖房完備のオーストラリア

でも淑女ならびに紳士の皆さま
’’夢の時代’’ここで なにが起こったか
どうぞ お忘れなく

ここ オーストラリアのウンデッドニー
ここ オーストラリアのアウシュビッツ
ここ オーストラリアに落とされた 広島原爆

思い出して
思い出して ここ 夢の大地
きらめく岩 私を

永いあいだ
四万年の永いあいだ
あなたを 待っていたの

1981・10 アイエス ロックにて

ナナオ サカキ

a0132369_121999.jpg


写真は2006年、宮城県唐桑 星まつりにて。ナナオが亡くなる2年前かな。

私はこのとき、1度きりしかあったことがないけど、このときの彼の仙人オーラというか、
存在そのものに衝撃を受けた。すれ違ったときに思わずカメラを向けたら、こんなポーズを取ってくれた・・・

そして今、シドニーの宿でナナオの詩集を見つける。
衝撃だった。ナナオと一緒に世界を旅して、この本はここに来たのだろうか、それとも別の旅人がおいて行ったのだろうか。分からないけど今私の手元にあるのだ。
本との出会いに鳥肌が立った。

私が生まれた年に書かれたこの詩を胸に

日本に帰る前に、7月はじめあたり、目指すはアウトバック!
ウルル。エアーズロックへ向かいます。
[PR]
by yuri-miyamoto | 2010-05-21 11:58 | □ diary

ドキドキした

a0132369_11372316.jpg



絵を描いていて、楽しくなってきて、
ナチュラルハイになってドキドキした。
気持ちよく描いた瞬間。

日本に帰ったら、大きいのが描きたい。
[PR]
by yuri-miyamoto | 2010-05-18 11:29 | ★ work 

街角スマイル

a0132369_11123543.jpg


あなたはそうやって、いつもニコニコ笑っている。
みんな気がついているのか、
その笑顔に
なぜ笑っているのか
気づいているのか

いつも一人で笑っている。
すれ違った人にはハッピーを。

その笑顔を見つけて立ち止まる人は少ない。
その笑顔が素敵だと
思っても
立ち止まる勇気があれば、
それを素敵だと伝える勇気があれば


笑顔の奥には
愛が。

怒りの奥には悲しみが

目の奥の悲しみが
それがなんなのか

なんなのかわかるけど
それはずっと消えないのか
私には消せないのか

これ以上近づいたら
悲しみを増やすだけなのは知っている

それでもあなたはいつも笑っている
片方の目で泣いて
片方の目で笑って

悲しみをそこに置いて忘れて
旅に出よう

笑顔を忘れずに
[PR]
by yuri-miyamoto | 2010-05-17 11:00 | □ note


絵描き   YURIの作品&日々・・


by yuri-miyamoto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

YURI作品紹介
□ diary
★ work 
□ information
□ note
☆ works of the past
□mobile 携帯から投稿
biographyバイオグラフィー
メール・お問合せ

最新の記事

どんどこにゃん
at 2017-02-01 05:13
インスピレーションアート
at 2017-02-01 04:55
メールフォーム
at 2017-02-01 04:42
めぐみのフェス
at 2016-07-23 11:44
BLUE MARK
at 2016-07-19 01:56
NYでグループ展
at 2016-04-13 00:11
つちびと 写真展
at 2016-02-18 21:46
Art session “Z..
at 2016-02-18 20:41
縁の大陸 | 12/12 A..
at 2015-12-05 19:49
"Zoo" Art sess..
at 2015-12-05 19:46
R
at 2015-11-10 19:50
葉山神社 遷座祭
at 2015-09-28 19:56
7月5日 めぐみのフェス
at 2015-07-01 13:06
24日は雄勝へどうぞ!
at 2015-05-20 00:12
おーさきにどーぞ展
at 2015-04-25 03:18
26日は めぐみのフェスですよ!
at 2015-04-25 02:41
速報!? おがつの芸祭 鼓舞..
at 2015-04-25 02:31
葉山神社の上棟式
at 2015-04-25 01:22
夢が叶った日
at 2015-03-30 01:58
葉山神社上棟記念奉祝祭
at 2015-03-19 03:51

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by YURI at 02:49

以前の記事

2017年 02月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月

 

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧